子供と遊べる庭づくりをする場合、千葉でアプローチ工事をお願いすることも大事ですが、子供の成長に合わせて庭を造るのが望ましく、絶対にしてはいけないことは、子供よりも背が大きい植物で庭を覆うことです。これを守らず、庭を造るとどうなるかですが、恐らく子供が転んだりした場合、どこで転んだのかが分からないという問題が起こり、どう転んだのかもわからなくなります。つまり、子どもの様子が見れないということは子供にとっても不安となる材料があり、一つは親の顔が分からないなどもあり得ますし、転んでから立ち上がることができないくらい怪我を負った場合、子供が助けを求めて果たして親が駆けつけてくれるかという不安も子供は持ってしまいます。そうなると、今度は子供は怪我が治ってもまず庭で遊ぼうとしないです。

ですので庭造りのポイントをまとめますと、子供と一緒に遊ぶこと前提で庭を造る場合、庭は子供の成長に合わせて植物を植える必要があり、ましてや落下する可能性があるものを並べることは危険です。子供が成長していくことでだんだんと落下する可能性がある植物をぶら下げるということを可能としますが、まだ子供が幼いうちはそのようなことをしてはいけません。ちなみに、子供と一緒に遊ぶことができる庭を造る利点は、子供と一緒にペットも遊ぶことができる庭を造ることにあります。子供が遊んでも大丈夫である場合同様にペットも同じように遊ばせることが可能です。ペットも予期しない動きをして危険なことを起こしてしまいがちですが、子供と比較した場合まだ、危険をペット自ら回避しますので子供の庭造り=ペットの庭造りでもあるわけです。

ですが、利点ばかりではなく、問題もあるのが子供と遊ぶ庭造りで、子供が庭で遊んでいる際、よくトラブルになるのが近隣住民との騒音になり、この場合子供の声がうるさいという苦情です。これを解決するには、防音処理をしたプライバシーを守る敷居を設置することでプライバシーを守りつつ音が漏れないようにするなどの工夫を必要としますので、子供が遊べる庭を造るというのは近隣の住民とトラブルにならないよう配慮することでもあるのです。