自分の家を建てる時に、いろいろなことを決めることになりますね。その時、やっぱり自分のセンスをいかしたそんな家にしたいと思います。その結果、綺麗な家などを作ることに夢中になるのです。特に外溝の場合は、その綺麗にしたいと言う思いが強くなります。外のことなので、より人に見られてしまうことが多いからです。
その事から、生活の基盤となる内容について後回しになってしまったり、忘れていたりすることがあります。しかし必ず必要となる部分なので、気をつけたいですね。ここでは、洗濯物などの生活に必要な箇所についてお話します。

・洗濯物を干すところがない
一番困る失敗としては、なんと言っても洗濯物を干すところがないことです。生活の中で、洗濯をすることはとても重要です。そのことができないとなると、たちまち困ります。そこで、新築を作る時に洗濯物干場を十分に確保することです。そのことにより、困ることはありません。

・洗濯物干場の屋根がない
洗濯物を太陽の下で干すことにより、きもちよく感じることができますね。乾燥機で回した後の洗濯物よりも、ずっと気持ちがいいのでそのように干すことが望まれます。その時、洗濯物干場がある場合でも失敗したと思うことがあります。リフォームをする時に、その失敗に気づき改良することになります。それは、洗濯物干場に屋根がないことです。急な雨のときは、とても困ります。せっかく干していたのに、ずぶ濡れになってしまうのです。そんなことにならないように、屋根を付けることをおすすめします。

・洗濯物干場が目立つ
失敗をしたと思う事の一つとして、その洗濯物干場が外にあり庭の目立つところにある事です。そのように目立つところにあると、洗濯物を干していることがまるわかりです。外を歩いている人からも見えてしまうのです。できるだけ生活感を出さない庭にしたいので、できたら見えないところに作るほうがいいですね。そのことにより、安心することができます。