子供の場合は、家の中で遊ぶよりも太陽の日差しを浴びて遊ぶことが大切ですね。そこで、家の中よりも、外に遊び場を作って上げるといいです。その外というのは、なんと言っても自宅の庭です。庭に色々な遊ぶ場所があると、親としても安心して遊ばせることができます。外出できない時でも、子供たちがストレスを溜めることが少なくなります。ここでは、その庭で遊び場作りについてお話します。

・タイルにブランコを設置する
タイルと言うと、外に作った時に色々な遊具をそこに置くことができます。家の中に置くことができない遊具を置くことができるので,とても便利です。そこで遊具というと、やっぱりブランコではないでしょうか。子供が小さい時には、ブランコ遊びを良くします。ブランコだと、子供と一緒に大人の場合も遊ぶことができます。タイルなので、雨が降った後もじめじめしていないので安心です。土ではない場所に設置しましょう。

・タイルの上でバーベキュー
子供が好きな料理として、バーベキューをあげることができます。それはタイルの上で出来るといいですね。家の中よりも、外の新鮮な空気を嗅ぎながら行う事により、大人も子供もリフレッシュできることでしょう。そして美味しいバーベキューにより、心もお腹も満たされます。タイルなので、したが汚れてもさっとふくことができて便利です。家の中だと、換気を行うなど注意が必要となりますがそんな注意をすることもなく実施できます。それはとても嬉しいことですね。

・必要時は柵をする
タイルを敷き詰める時に、その部分で色々なことを行えるのでとても便利です。しかしその一方で、危ないと思うこともあるでしょう。その時、タイルだけではなくその周りに柵を付けるといいですね。柵があることにより、外との境界をしっかりと認識させることができます。ボール遊びなどをしていると、そのことに夢中になりボールが飛び出してしまうこともあります。それを予防することができます。