我が家の庭は、半分が赤土で半分がコンクリートになっています。
赤土は、草花を育てたりと土いじりができるようにと思い作りました。子供が小さい時には砂場代わりに遊んだり、大きい石を置いて日がたってからどけてダンゴムシなどの観察をしています。
コンクリートでは、夫の趣味がロードバイクなので、時間があればそこで部品などを広げて自転車いじりをしています。子供たちもそんなに広くはないですが、自転車の練習スペースになるくらいはあるので、一緒になって遊んだりしています。また、チョークでお絵描きをしたりしています。
赤土とコンクリートの部分を行き来して、おままごとをしたりと公園では遊びにくい内容の遊びも楽しんでいるようです。
夏場にはコンクリート部分にビニールプールも広げて入ったり、パラソルを出し手その下でお茶をしたりしています。
赤土では野菜も育てられるので、子供の食育にもなり、嫌いな野菜も自分たちで収穫して育てる大変さも学習しているようで、家族皆それぞれに楽しめる庭となっています。

カテゴリー: 庭リフォーム